レールを外れてもまだ生きる - コロポンのブログ

ベンチャー企業で旅行系Webメディアやる豆腐メンタルOL。1児の母。好きなことやって生きる。

プレミアムフライデーが会社にとってプレミアムになった日

本来のプレミアムフライデーとは用途がちょっと違ってしまっているかもしれないけれど、昨日のプレミアムフライデーは多分会社にとって歴史的1日になった、はず。というかそうであってほしい。

というのも、昨日が月末金曜日だったので、15時で会社上がろうーって話がプレミアムフライデーの本来だと思うのですが。

私たちはその15時以降を、ずっとやりたくても時間がないことを言い訳にできていなかった、新規事業のために時間を費やすことに成功できたのです。

 

ベンチャー企業の端くれをやっているのにも関わらず、そういうキラキラ系新規事業に着手してなかったんかい、ってかんじですが。

ベンチャーと名乗り続けて6年目だったかの会社には、日々のタスクだけでけっこう精一杯なとこもちらほら出ておりまして。ベンチャーらしい仕事やりたくてこの会社入ったのにおかしいな草生える、みたいな日々、正直あったんです。

 

でもようやく、プレミアムフライデーを無理矢理の自己解釈を行うことによって、本当にプレミアムな1日にすることができたと思う。すごい楽しかった。この感覚久々すぎて、まだ興奮冷め上がらず、いまこうして書き出している次第なわけです。

一応うちの会社は本来の意味でのプレミアムフライデーもやっているので、15時以降は退社してもいいとは思うんですけど、私はせっかく過ごすならこういう時間の使い方するほうが面白いんじゃないかと思ってこの方針に大賛成しております。

 

何をやったかというと、15時になったら、私たちは基本リモートワーカーなのでまずビデオミーティングで全員と繋ぎまして。そしてその新規事業について話しながらどんどん決めて、どんどん作る。

ただそれだけ。

ただそれだけのことなのに、時間を敢えて作らないとできないなんてある意味情けない話ではありますが、これがものすごい良かった。みんなで新しいことの作業を時間を共有しながらする時間、ものすごく充実感あったんです。

 

そしてこの流れで、月末だけでなく毎週の金曜日に、この新規事業のために作業時間を確保すると決めまして。来週も大変楽しみです。こうでもしないとやっぱり人間、日々作業に追われてると新しいことはじめられないものなのだなあと思います。

結局Googleの20%ルールと似たようなことやってるだけですが。でも会社としてようやくそのあたりを仕組み化できて、前進しはじめたので、未来が開けてきたかんじです。

 

というかこの少人数の規模の会社でさえ、ここまでくるのに時間がかかったと思うと、そこは本当に良くない。フットワークの軽さこそベンチャー気質の醍醐味で魅力だったはずなのに。自分たちが無事生活できるくらいに稼ぐことを維持しながら、その上で新しいことはじめるというのは、口で言う以上に大変なことなのだと実感してます。

 

仕事のことを純粋に楽しいって思うの、正直久々だったので、いま大変ハッピーです。やっぱり新しいことにチャレンジするのってエネルギッシュになれます。最近疲れ切って、土日にパソコン開くことなんてほぼほぼなかったんですが、今日はAdobe XDちゃんをいじり倒そう、とか思っちゃってます。

そういう意味では、私のやる気を遠回しに向上させたマネジメントの勝利ですね。ほんと、いいように使われてる気がしますが仕方ない。まあそれが私なので、今日はどうせ雨だし新しいサービスのことぬくぬく考えながら、たまにギターの練習でもして過ごすことにしようっと。