レールを外れてもまだ生きる - コロポンのブログ

元ゲームプランナー、元派遣OL、現ベンチャーOL。豆腐メンタル女の生き方考え方やら好きなこと書いてます。

ソーシャルゲーム界隈から引退しようかと思う


[スポンサードリンク]

新卒で入社した会社は、コンシューマもモバイルもパチンコもやってるような会社だった。何の因果か、新卒採用の8人のうち、私一人だけがモバイル部門に配属になった。

今思えば、とても運が良かった。

コンシューマ部門は絶賛デスマの最中だったし、反面モバイル部署は小さかったこともあってなんでもやらせてもらえた。それで成り行きで、公式サイトの運営も、App Storeをいかに攻略するかってことも、広報ってのをかじったりも、そしてソーシャルゲームの運営も、経験できた。当時の上司とは未だによく会うし、一番敬愛する上司でもあったりする。

でもその後、ちょっと大きいこと挑戦したいなとか浮ついたのもあって、プラットフォーマーな会社に転職して。そしてさらにSAPに転職するわけだけど。

 

もうダメかもしれない。。はえー。25歳なんですけど。というか25歳で社会人生活丸3年で3社目で、それももう辞めるつもりで(今の会社には迷惑かけました。すみません。)、なんだかなーアホだな自分、とは思う。

今の会社はまさに波に乗ってて、このまま働けばわりと出世もできただろうし、多分金銭的にもありがたい感じになってたんやろうと思う。そして私のスキル的にも、ソシャゲのユーザレスポンスの早さのおかげで、KPI見て売上上げるために何したら良いかとか事業計画練ったりすることとか、そういう経験はものすごく積めたしその部分ならわりと業界では飯食える気がする。

 

それでもなんで辞めるかって。

…そこまでソシャゲに対する情熱がなくなっちゃった、のかな。

いや、、考え方が変わったのかな?

 

 

仕事の代わりはいるけど、家庭の代わりはいない。

 

今までは、ゲームが好きっていうこともあって、仕事も一生懸命頑張ってきたけど、ソシャゲの運営ってのは24時間営業の小売店と一緒ですから、労働時間はやっぱり増えるし、無理してでも働いた分だけ儲かるのはわかってるけど、けど、、、、

もう限界なんかなー。メンタル壊して医者通って、身体も壊して、それでついに、そういう思いになりました。そこまでできなかったです、私。

あとは素敵な方と一緒に住めてるので、ご飯作ってあげたいし、掃除とかしたいとか、今さら女子力が上がってきたってのも大きい。というかね、向こうのほうが給料もらってるのに労働時間短く、心と身体も健康。反面私は家事もろくにできないくらい遅くに帰ってきて、愚痴言っちゃって、医療費飛んでって、心配までかけて。働く意味考えるっすよ。。

 

会社は辞めさせていただいて、労働時間を決めて派遣社員として少しずつ社会復帰しようかなと。次の会社はソーシャルゲーム業界ではないような気がする。

もう少し自分を追い詰めすぎない働き方を探さないと。この業界じゃあ難しいと思われ。メンタル問題うまくやってるひとってほんとすごい。尊敬。

そして好きだから仕事してたはずのゲームが、いまちょっと好きじゃなくなっちゃったかもしれないので、その根底を考える時間を持ちつつ。

 

逆に捉えればまだ25歳。せっかく生きてるんだから、楽しく幸せに暮らせるように、今後の身の振り方を考えます。