レールを外れてもまだ生きる - コロポンのブログ

元ゲームプランナー、元派遣OL、現ベンチャーOL。豆腐メンタル女の生き方考え方やら好きなこと書いてます。

あと半年で派遣辞めようと思うんだ


[スポンサードリンク]

本当は3月末の更新で辞めたいなっていう希望がどこか心の隅っこにあったのに、更新意思確認がまさかの1月中旬にあったという。早すぎじゃね。
というわけで6月末までは派遣のおねえさんを継続させていただくのが確定。働かせていただけるというのは非常にありがたいことではあります。


しかし私はもう派遣辞めて、在宅でお仕事しながら主婦をするのに憧れてしまったというわけです。
だいたい、会社勤め向いてないってことがこの社会人生活の四年間でよくわかったし。仕事というものは面白いし好き。だけど、上司のご機嫌取りができないし、指示されたらやる気無くす天邪鬼ハートな上に、能力主義の評価制度だと心身壊すまで働いちゃって自滅した。

ボロボロになって働いて、それで給料そこそこ貰っても、誰も幸せにならなかった。
それならいっそ、コンスタントに働ける能力のある旦那を主婦業でサポートしつつ、得意と思われる仕事を在宅でやってやろうじゃないのよ、と。
あとは、むぎ氏(1歳、コーギー)を家でひとりぼっちにするのが、いたたまれないんです…

f:id:colopon:20140128114710j:plain

↑人間のご飯をじっと見つめるむぎ氏


そういうわけで、あと半年で辞めようって心に決めました。
なぜ半年かというと、一番はもっと郊外の家賃抑えめのところに引っ越す目処が立って、それが5月から6月ころなので。派遣の契約更新時期と、もろもろの準備期間を考えてもちょうどよいなと思いました。
主婦しても家賃の半分と自分の経費分くらいは収入を得たいので、家でも仕事できるように今から環境整えてるところ。仕事は今やってることに加えて、多少受けたり、多少何か作ったり。やれることやってみます。この移行期間の半年がきつそうだけど。なりたい未来のためなら頑張れるかな。

まだまだ仕事人生も家庭人生もはじまったばっかりなので!やってみたいことやってみるでござる。まずは決意表明してみた。
がんばります。


脱社畜センパイの記事に紹介されてた本、早速本屋に見に行ったけどなかった。
やはりAmazonで買うしかないのかしら…
『強いチームはオフィスを捨てる』:満員電車と決別するための一冊 - 脱社畜ブログ

強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」

強いチームはオフィスを捨てる: 37シグナルズが考える「働き方革命」

  • 作者: ジェイソン・フリード,デイヴィッド・ハイネマイヤー・ハンソン,高橋璃子
  • 出版社/メーカー: 早川書房
  • 発売日: 2014/01/24
  • メディア: 単行本
  • この商品を含むブログを見る